猿ヶ京温泉と、観光スポット

水上 > 猿ヶ京温泉と、観光スポット

猿ヶ京温泉と、観光スポット

猿ヶ京温泉とは、赤谷湖の周辺にある温泉地で、約40軒の温泉宿があります。ここは湯沢方面に抜ける三国街道沿いにあたり、山里の宿場町として昔栄えた地。今は、体験工房や食事処が集まっている「たくみの里」でいにしえの宿場町の雰囲気を感じることができます。


◆猿ヶ京温泉にある行ってみたい観光スポット


◆たくみの里

伝統工芸やそば打ちなど、20数件の体験施設「たくみの家」(工房)が点在する里。それぞれの工房には匠(たくみ)がいて、丁寧にやり方を教えてくれます。

体験できること:陶芸、七宝焼き、サンドブラスト(ガラスコップへの模様づけ)、竹細工、こんにゃく作り、そば打ち、紙すき、押し花、木工など様々。

周遊馬車があり、おしゃれな荷車に乗って、里をのんびり観光することもできます。また食事処やお店もあり、いろいろ買ったり食べたりすることもできます。


◆赤谷湖(あかやこ)

谷川岳登山口西口や、苗場スキー場へ行く途中にあるのが赤谷湖。潅漑・発電用の人造湖ですが、湖の周辺はひらけており、赤谷湖の半分を歩ける散歩コース「赤谷湖自然歩道」があり、また、舟遊びや魚釣りができます。キャンプ場もあり、情報館では流木の無料配布もしています。


◆バンジージャパン 猿ヶ京バンジー

赤谷水管橋からジャンプするブリッジバンジーを体験できます。高さは最大62m。日本で初めて電動ウィンチを使用、ジャンプ後に電動ウィンチを使って引き揚げます。(2013年よりスタートした施設)